試作はJPMへ大阪・兵庫県・関西から全国対応まで対応致します。

プラスチック射出成形金型

プラスチック射出成形金型について

プラスチック加工法には様々ありますが、各成形法により金型の種類も違い、プラスチック射出成形用の金型になります。

射出成形機のノズル部より金型へプラスチック樹脂材料を射出注入し成形製品を形成します。

金型の設計・製作は製品精度、成形時の生産性など製品を品質及び生産性に大きく影響します。
金型の設計・製作には熟練した経験が必要になります。

プラスチック射出成形用の金型の構造は大きく分けて2プレート、3プレートの構造があります。

金型の製作工程

基本的な金型製作の工程は、金型構造など打合せ、金型設計、金型の製作、仕上げ・組立になります。

金型構造など打合せはゲート位置、ゲート方式、押出しピン(エジェクターピン)の位置、パーティングライン、分割ラインなどお客様に確認、承認をもらって進める必要があります。

金型設計は上記打合せ内容にて進めます。金型設計にて金型コスト、加工性、成形生産性など大きく影響しますので、入念な検討が必要になります。

上記金型の設計をもとに金型の製作を進めていきます。
モールドベースの製作、入れ子(コア、キャビ)の製作、各パーツなどの製作、手配など進めていきます。

フライス加工・研削加工・ワイヤーカット加工・放電加工などで部品加工を施します。

各部品、各パーツの製作が完了したら、ミガキ、仕上げ、金型の組立、すり合わせなど金型調整を行い完成します。

金型構造 2プレート

2プレートとは、基本的には、固定側取付板、固定側型板、可動側型板、受け板、スペーサー、エジェクター板(上、下)、可動側取付板の構成になっております。
2プレートの金型構造は固定側型板と可動側型板の間が2分割に開きます。

金型構造 3プレート

3プレートとは、基本的には、固定側取付板、ランナーストリッパープレート、固定側型板、可動側型板、受け板、スペーサー、エジェクター板(上、下)、可動側取付板の構成になっております。
3プレートの金型構造はランナーストリッパープレートと固定側型板と可動側型板の間が3分割に開きます。

試作の検討・見積り依頼などお気軽にお問合せ下さい。 TEL 06-7713-3703 営業時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

プラスチック成形の試作はJPMへ

〒661-0982
兵庫県尼崎市食満3-25-65
TEL 06-7713-3703
mail mt-s@shisaku-jpm.biz
営業時間 9:00 - 18:00
[土・日・祝日除く]
プラスチック製品・樹脂部品の試作は当社へ

PAGETOP
Copyright © 大阪・兵庫の試作成形【JPM】 All Rights Reserved.